Lの世界の世界 - The L Word

The L Word

~ 「Lの世界」 の世界 ~

YouTubeで見る「Lの世界」動画: シーズン 6 プロモーションビデオ

■ The L Word: Season 6 behind the Scenes Cast Interviews

(0:00)
レイチェル・シェリー: 今度のシーズンの要は、明らかにエピソード1のティーザーといったところね。このシーズンの一番最初は絶対見逃しちゃダメよ。

(0:08)
そうなんです。ショッキングなサプライズが、「Lの世界」の最終シーズンとなるS6をフル回転させます。

(0:15)

アイリーン・チェイケン: いろんなキャストたちがわたしのところにやってきて、「どんなサプライズがあるの?」 「誰が死ぬの?」 「何か大事件が起こるって聞いたけど、何が起こるの?」って聞いてくるのよ。

(0:23)

ダニエラ・シー: 誰が殺したんだ? って感じかな。

キャサリン・メーニッヒ: 何かが起こるってうわさを聞いたよ。

ローレル・ホロマン: もう6年もこのドラマに出ているから、何が起きてもビックリしないわ。

(0:32)
レイチェル・シェリー: TVドラマを作っている時って、視聴者の前でストーリーが徐々に明らかになていくのと同じように、演じている側にとっても徐々にわかっていくものなのよ。

ミア・カーシュナー: わたしも最終的にシーズンがどんな風に終わるのか知らないのよ。ミステリーだわ。

ム・グリア: 大事件よ。

(0:46)
今シーズンは8話しかないので、ドラマのエスカレートは超早い。

(0:50)
>キャサリン・メーニッヒ: 中身は濃いよ。

ローレル・ホロマン: 8話で完結できると思う。ティナは相変わらずプロデューサーだけど、ハリウッドでプロデューサーをやっていてフラストレーションがかなり溜まっているのよ。それに見合った評価も得られなくて。

(1:03)
ティナ: 別のエンディングってどういうこと?

アーロン: こっちに乗れよ。そっちに乗ったってレズビアンの町には行かないぜ。

(1:08)
ジェニファー・ビールス: ベットの学生時代の恋愛対象だった彼女の出現を目の前にして、それをどう対処するのかといったところね。

(1:15)
ケリー: わたしが臆面もなくあなたのガールフレンドといちゃいちゃしたら、あなた、気にしちゃう?

ティナ: ぜーんぜん。いちゃいちゃしちゃってよ。

ケリー: あらそう。

(1:21)
キャサリン・メーニッヒ: 今シーズンの最初、シェーンは最悪の気分なんだ。このシリーズで最高レベルの自責の念だと思うよ。

(1:27)
ジェニー: どうしてあなただけ苦しまなくていいの?

シェーン: 苦しんでるよ。

ジェニー: うそばっかり!

(1:32)
ミア・カーシュナー: ジェニーは、ニッキがしてしまったことや、彼女がシェーンのことをどう思っているのかということにしっかりと向き合うのよ。

(1:37)
シェーン: 一番の友達だよ。この世でわたしのことを誰よりも理解してくれているのがジェニーなんだ。

ジェニー: そうよ。

(1:42)
キャサリン・メーニッヒ: 人生において疑う余地のないほど、訳もなくただただ強い絆を感じる人っているでしょ。それって明らかに心と心が繋がっているんだよね。

ミア・カーシュナー: シェーンとジェニーってお互いを見事に許容し合っているのよ。まれな友情よね。

(1:55)
ダン (カウンセラー): 二人には共通点がない。あなたたちは合わないと思うよ。

(2:00)
ローズ・ローリンズ: それはただ彼女と自分の問題で、それをどうするかということだけど。

レイシャ・ヘイリー: ゲイレズビアン・センターを運営してくれるひとが必要だったんだけど、その彼女がターシャとアリスの友達になって・・・。

(2:07)
メイ・メランコン: ジェイミー・チェン(Jamie Chen)を演じます。ゲイレズビアン・センターを運営していて、アリスとターシャが訪れてくれた時、なんていうか命の恩人のような感じだったの。わたしに元気を与えてくれたのよ。

(2:17)
アリス: こちらがターシャ。

ジェイミィ・チェン: あら、ごめんなさい。アリスに会えて本当に嬉しかったもんだから。

(2:21)
レイシャ・ヘイリー: それは3回目のクラッシュ。

ローズ・ローリンズ: 第3者っていうのは常に物事を複雑にする気がする。

(2:26)
アイリーン・チェイケン: マックスはシーズン5でお付き合いがあったけれども、考えようによっては一番ゆるぎない関係を築いていたんじゃないかしら。

(2:33)
ダニエラ・シー: 彼はゲイだから、男同士の関係。だから、それまでにないくらい男になった気になれたんだ。

(2:37)
マックス: 腕の筋肉触ってみて。1日200回腕立て伏せをしてるんだ。

(2:41)
ダニエラ・シー: そして、あることが起きるんだ。

(2:43)
医者: 問題があるようなんだけど・・・。

(2:46)
レイチェル・シェリー: 一緒に流行りのクラブを立ち上げて、もちろん大成功するのよ。

(2:52)
ティナ: キットとヘレナに。

(2:55)
パム・グリア: 二人は親友になるのよ。ヘレナはキットみたいな本音を言える友人をそれまで持ったことがなかったんだと思う。

(3:01)
アリス: なんてこと?

(3:02)
レイチェル・シェリー: ディランが入ってきた時、それは足元をすくわれたようだったのよ。

アレクサンドラ・ヘディソン: ヘレナは注意深い。控えめに言っても、また心を奪われるのを恐れている。

(3:14)
ヘレナ: Fxxx you!

ディラン: サンキュー。今やっと気にしてるってわかった。

(3:17)

アイリーン・チェイケン: 今シーズンのポイントは、私たちがいままで常に「Lの世界」のテーマとしてきた、Love(愛)、Commitment(深い関り合い)、Fidelity(忠実)、Friendship(友情)、といったテーマを単に強調させているところ。これで終わりというわけではなく、これでちょっと一息入れるといった感じかしら。

■ The L Word: Jenny is Dead!

(0:12)
警官: いいや、あ、いま到着した。

(0:20)
警官: 巡査部長。調査団もいま向かってます。

(0:26)
ダフィ捜査官: わかってること教えて。

(0:28)
警官: パーティをしていたようで、中に女性が7人と女の子が一人。彼女たちがプールに女性を発見した時、女の子は寝ていました。

(0:36)
ダフィ捜査官: 麻薬や酒の証拠は?

(0:38)
警官: 酒が少し。ワイン1本といったところ。

(0:41)
ダフィ捜査官: 被害者は・・・

(1:01)
ダフィ捜査官: こんばんは。私は巡査部長の Mary Beth Duffy。この家のオーナーは?

(1:09)
ベット: わたし、ベット・ポーターです。

(1:12)
ダフィ捜査官: ベット・ポーターね。

(1:13)
ベット: こちらが、わたしのパートナーのティナ・ケナード。

(1:16)
ティナ: こんばんは。

(1:19)
ダフィ捜査官: いい家族ね。

(1:21)
ベット: ありがとう。

(1:25)
ダフィ捜査官: 時間はとらせないわ。いくつか質問させて。

■ The L Word: A Closer Look at Season 6 (NEW PROMO TRAILER)

■ The L Word: Season 6 - Walk on role of a lifetime Annual Women's Event Gala

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Lの世界 シーズン4
    (DVD)

    全12話を収録。6枚組。

    Lの世界 シーズン5
    (DVD)

    全12話を収録。6枚組。

    Lの世界 シーズン6
    (DVD)

    最終シーズン。全8話を収録。4枚組。