Lの世界の世界 - The L Word

The L Word

~ 「Lの世界」 の世界 ~

ダイナ・ショア・ウィークエンド(Dinah Shore Weekend)

毎年春に、米国カリフォルニア州のパーム・スプリングス(Palm Springs)で行われる世界最大級のレズビアンのための祭典、『ダイナ・ショア・ウィークエンド(Dinah Shore Weekend)』。 世界で最もレズビアンが一同に集まると言われている。この祭典が開催される週末は、小さなパーム・スプリングスの街が数千人、もしかしたら1万人を超えるレズビアンで埋め尽くされるのである。

“砂漠のリゾート”と呼ばれるパーム・スプリングスは、ロサンゼルスから東に約180kmの内陸に位置する小都市で、温暖な気候のため冬は避寒地として人気の観光地。比較的裕福な年配層が老後を過ごす街としても有名な一方、ゲイの割合が高く、実はゲイ・フレンドリーな街でもある。

パーム・スプリングス(Palm Springs)

ティナ・ジェニー・アリス・デイナ・シェーン

ダイナ・ショア・ウィークエンド(Dinah Shore Weekend)

ティナ・ジェニー・アリス・シェーン

さて、シーズン1のエピソード11で、ティナ、アリス、デイナ、シェーン、ジェニーの5人が、このダイナ・ショア・ウィークエンドに繰り出すシーンがある。まだ薄暗い早朝にミニバンでロサンゼルスを出発する5人組。往きはおしゃべりなアリスのママも一緒で、アリスは相当嫌そうな顔をしつつハンドルを握る。車中では、一人一人順番に同性愛に目覚めた最初の恋の思い出を語り合い、回想を交えたシーンは面白い。ロサンゼルスからおよそ180kmの距離なので、到着まで車の中でだいたい2時間半くらいワイワイやっていたという設定であろう。

5人組はパーム・スプリングスのホテルに到着して、まず部屋のベランダから下に広がるプールを見渡す。プールを埋め尽くさんばかりの大勢の人を見て、「一箇所にこれほど多くの女性を見たことは今までの人生にない」とつぶやくジェニー。まさに圧巻の風景である。

これらのシーンを観れば、ダイナ・ショア・ウィークエンドの雰囲気がだいたい伝わってくる。集まっている人達の雰囲気、プールサイドでのまったりした過ごし方、夜の派手なイベント、女性だらけのホテルの廊下・・・。出会いもあれば、痴話喧嘩もあちこちで勃発していることだろう。

今年の開催は4月2日~6日。 スケジュールも発表され、イベントのチケットも発売中。さらにグレードアップした企画が催される模様。「Lの世界」のキャストたちもこのイベントに毎年参加しているようだが、今年は、レイシャ・ヘイリー(Leisha Hailey)、キャサリンン・メーニッヒ(Kate Moennig)、エリザベス・キーナー(Elizabeth Keener)、ジェーン・リンチ(Jane Lynch)、そしてプロデューサーのアイリーン・チェイケン(Ilene Chaiken)が出演予定。なかでもレイシャ・ヘイリーは、彼女のバンド “Uh huh-her” としてのミニコンサートもあり。
(詳細はコチラ: The Dinah 2008

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カミングアウト・レターズ
    砂川 秀樹 (著)

    カミングアウトをめぐる子と親、生徒と教師の往復書簡。

    同性愛と異性愛
    風間 孝 / 河口 和也 (著)

    同性愛者から見た、もうひとつの日本社会論。

    同性婚、あなたは賛成?反対? フランスのメディアから考える
    浅野 素女 (著)

    フランスを揺るがした同性婚をめぐる対立や軋みをメディアの報道から検証。