Lの世界の世界 - The L Word

The L Word

~ 「Lの世界」 の世界 ~

2008 女性が選ぶセクシーな女性 Hot 100

By the article from AfterEllen.com
June 2008

今年第2回目となる AfterEllen.com の 「The 2008 AfterEllen.com Hot 100」が発表された。このランキングは、世界中のレズビアンもしくはバイセクシャルの女性たちからの投票10万件以上を集計したもの。「Lの世界 (The L Word)」の出演者からは、なんと11人がHot 100 入り!


ジェニファー・ビールス

第2位 (昨年 6位)
ジェニファー・ビールス
(Jennifer Beals)


知性派で落ち着いた趣があり、ベストドレッサーリストにも載るジェニファーは、『Lの世界』のベット役を通して、LGBT権利の擁護者的な存在にもなりつつある。先月サンフランシスコで行われたGLAADアワードでは、「常にベットのことを意識しているからか、LGBTコミュニティとは繋がっている気がするのよ。」と語っていた。ジェニファーは、ベットを『Lの世界』で最もセクシーなキャラクターの一人に育て上げた。ドラマが最終シーズンを迎える来年は、1位の座を争う一人になること間違いなし。

レイシャ・ヘイリー

第5位 (昨年 1位)
レイシャ・ヘイリー
(Leisha Hailey)


昨年の1位から落ちてしまったが、レイシャの魅力が最近減ったというわけではない。「Lの世界」でいつも快活なはずのアリス・ピエゼッキーは、昨シーズンは浮き沈みのあるつらい時期であったが、レイシャとしては、キャリアを急上昇させている。バンドUh Huh Herのコンサートツアーを精力的にこなし、8月にはデビューアルバムをリリースする予定。またOliviaのスポークスパーソンとして契約。ゲイであることを公表している魅力的なギタリスト。

サラ・シャヒ

第7位 (昨年 5位)
サラ・シャヒ
(Sarah Shahi)


『Lの世界』でフィアンセだったシェーン(Kate Moennig)が他の恋人をさっさと作ってしまっても、いまだにサラ・シャヒ演じるカルメンに戻ってきて欲しいと願っているファンは多い。これはサラの演技力・人間的魅力の証である。ブランクが空きすぎてファンに忘れられないように出演したのか『Life』では警官の役を演じたが、今度の長編映画『The Adventures of Beatle Boylin』では、タイトル名にもなっている主人公が恋焦がれるレズビアンのストリッパー/売春婦を演じる。

ケイト・メーニッヒ

第9位 (昨年 17位)
ケイト・メーニッヒ
(Kate Moennig)


『Lの世界』のキャラクターのシェーンも、女優としてのケイトも、 セクシーで、でも男の子っぽさがあって、少し低めの声で自信たっぷり気に話すあの仕草に何人の女性がハートを射抜かれたことか。シェーンの髪型のことをあれこれ言われようと、ケイト・メーニッヒは、「Lの世界」のシェーンを、ハートブレーカーの象徴的存在に作り上げている。

ローレル・ホロマン

第13位 (昨年 圏外)
ローレル・ホロマン
(Laurel Holloman)


1995年に映画 『The Incredibly True Adventure of Two Girls in Love (2ガールズ)』でブッチなレズビアンのティーンエージャー、ランディ・ディーンを演じ注目を浴びたが、実際女優として開花したのは、『Lの世界』のティナ・ケナードを演じてからであろう。ローレル・ホロマンは美しいブロンド女優として、MILFのレズビアン定義を体現し、ティナ役を見事に演じきっている。

ローズ・ローリンズ

第20位 (昨年 73位)
ローズ・ローリンズ
(Rose Rollins)


『Lの世界』はターシャが加わって以来、飛躍的にドラマとしての魅力が増した。ローズ・ローリンズは、激しさを打ちに秘めた元兵士でソフトなブッチのレズビアンであるそのターシャを演じている。今年は大きくジャンプアップ。

ミア・カーシュナー

第29位 (昨年 81位)
ミア・カーシュナー
(Mia Kirshner)


『Lの世界』でジェニー・シェクターを演じるミア・カーシュナー。昨年より大きくジャンプアップ。

レイチェル・シェリー

第42位 (昨年 27位)
レイチェル・シェリー
(Rachel Shelley)


『Lの世界』でヘレナ・ピーボディを演じるレイチェル・シェリー。ドラマの中のヘレナはシーズンを追うごとに好感度アップなのだが、なぜかランクダウン。

エリザベス・キーナー

第86位 (昨年 圏外)
エリザベス・キーナー
(Elizabeth Keener)


シーズン5より『Lの世界』に参加し、ドーン・デンボーを演じるエリザベス・キーナー。今年は圏外よりランクイン。

エリン・ダニエルズ

第87位 (昨年 圏外)
エリン・ダニエルズ
(Erin Daniels)


『Lの世界』でシーズン1~3まで出演し、デイナ・フェアバンクを演じたエリン・ダニエルズ。亡くなったデイナをシーズン6でも登場させてと望む声は多い。今年は圏外からランクイン。

クリスタナ・ローケン

第89位 (昨年 39位)
クリスタナ・ローケン
(Alexandra Hedison)



『Lの世界』では、シーズン4~シーズン5の1話まで出演し、シェーンの恋人ペイジ・ソベルを演じたクリスタナ・ローケン。今年は大きくランクダウン。

Photo: Thanks to AfterEllen.com
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Tatto -刺青-
    (DVD)

    青く切ない同性愛の行方を描いたドラマ。台湾のアイドル、レイニー・ヤンとイザベラ・リョンが共演。

    TOPLESS
    (DVD)

    レズビアンの切ない恋模様をリアルなタッチで描いたガールズムービー。都会で生きる3人の女の子同士のリアルな恋物語を描く。

    ジェリー・フィッシュ
    (DVD)

    「女による女のためのR-18文学賞」作品の映画化シリーズ第2弾。甘く危険な思春期ファンタスティック・ワールド。