Lの世界の世界 - The L Word

The L Word

~ 「Lの世界」 の世界 ~

TCA Press Tour - グリーンベルト氏が明かす “The L Word” スピンオフ

By the article from AfterEllen.com
January 2009
ロバート・グリーンブラット氏

1月14日にロサンゼルスで行われた Television Critics Association press tour で、Showtime代表取締役のロバート・グリーンブラット氏(Robert Greenblatt)は、L Word スピンオフのパイロットエピソードに関する詳細をいくつか明らかにした。 このドラマシリーズは女子刑務所を舞台とし、仮タイトルは 『The Farm』 とのこと。

パイロットエピソードは撮り終わっているが、Showtimeのエグゼクティブはまだそのカットを見ていないと、グリーンブラット氏はレポーターに語った。スピンオフは、『The L Word (Lの世界)』とは、“まったく異なるドラマ” であり、キャストの中でレズビアンキャラクターは数人だという。

「我々は、コンセプトについて少々不可解にしたままにしてきましたが、ここにきてもうかなり明らかになっていると思います。事実、『The L Word (Lの世界)』のキャラクターの一人が刑務所に入るわけですが、ほとんどまったく新しいキャストを配置して、ドラマの舞台は刑務所に移動します。『The L Word (Lの世界)』のキャラクターはほとんどレズビアンでしたが、スピンオフはキャラクターたちの大きなグループがあって、そのグループの中の数人がレズビアンという設定であり、『The L Word (Lの世界)』の構成をまったくそのまま持っていくわけではありません。」

アリス

数ヶ月前にレイシャ・ヘイリーとアイリーン・チェイケンが公表したことを確認するかのように、「スピンオフの主役は、レイシャ・ヘイリーです。」とグリーンブラット氏は言った後、「、、、ということで、これでわかってしまいましたね。刑務所に行ってしまうのはアリス(レイシャ・ヘイリー)だと。」

そしてこう付け足した。「キャラクターのキャスティングはすごいですよ。パイロットエピソードには3人のゲストスターが出演します。ファムケ・ヤンセン(Famke Janssen)、ローリー・メカルフ(Laurie Metcalf)、メリッサ・レオ( Melissa Leo)の3人ですが、今後続けてシリーズにも出演するかどうかはまだ決まっていません。」

あるレポーターが、今度のスピンオフは、"OZ"(1997年2003年にかけてHBOで放送され非常に高く評価された男子刑務所を舞台にしたドラマ)の女性版みたいですね、とコメントすると、グリーンブラット氏は、「そんな表現も悪くないですね。」と同調しつつ、「でも、もう少し軽めの仕上がりになると思ってます。」と言った。

「ご存知の通り、その頃から世界中で多くの女子刑務所に関するドラマが存在しています。Cell Block H のスピンオフなどは30分ものとかいろいろありますが、面白半分のドラマになりがちでもあります。でもこのL Word スピンオフは、そういったものよりラフなドラマになるでしょう。かと言ってOZほど暗いドラマだとは言いません。どのようなドラマになるかわかりませんが、そんなに暗くはないでしょう。」

Showtimeは、これから数ヶ月のうちに、このスピンオフをシリーズ化するかどうかを決定する。

Photo: Thanks to AfterEllen.com
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Lの世界 シーズン4
    (DVD)

    全12話を収録。6枚組。

    Lの世界 シーズン5
    (DVD)

    全12話を収録。6枚組。

    Lの世界 シーズン6
    (DVD)

    最終シーズン。全8話を収録。4枚組。