Lの世界の世界 - The L Word

The L Word

~ 「Lの世界」 の世界 ~

Q&A Podcast - キャサリン・メーニッヒとクレメンタイン・フォード Part 2

By OurChart.com
October 2007

シーズン5で恋人同士だったキャサリン・メーニッヒとクレメンタイン・フォードが質問し合う Podcast Part 2。出演するはずのないローズ・ローリンズが、時折登場。

■ Q&A Podcast with Kate Moennig and Clementine Ford Part 2

(0:04)
クレメンタイン・フォード (以下、クレム): シーズン5で可笑しかったシーンは何かある?

キャサリン・メーニッヒ (以下ケイト): チャーリー・エンジェルスのシーン(S5-Ep.3)。かつらを被ったアリスが銃を撃つまねをしながら頭を後ろに振ったときに、かつらが吹っ飛んでね。それでおかしかったのが、アリスが、まるでドラッグクイーン(超ド派手なドレスを着て女装したゲイのこと)が化けの皮を剥がされたかのように慌ててセットの袖の方に逃げるように走っていったの。
(このシーンは、コチラでご覧になれます。)

(0:45)
クレム: ドラマの中で着た衣装で一番嫌だったのはどの服?

ケイト: Pilotエピソードで着たフェイクレザーのアンサンブル。
ローズ・ローリンズ: それ覚えてる!アッハッハッハハー。 あれはひどい衣装だったわ。
ケイト: えっ、やっぱり変だった? シンシア(The L Word のスタイリスト)には関係ない問題だよ。彼女が参加する前のことだから。そのレザーパンツ、シーズン1で勧められて着ていたパンツなんだけど、(腿のあたりをなぞりながら)炎の模様があったり。2003年の話だよ。そう、それでレザーパンツのことなんだけど、紐で編み上げるパンツで、トップスもタイトなレザーでそれもやっぱり紐で結ぶやつ。もう、すべてが変で、ほんとに嫌だったよ。

(1:41)
クレム: ドラマ「Lの世界」にゲストとして最も出演しなさそうな人は?

ケイト: メアリー・チェイニー(副大統領の娘。レズビアンで有名)。密かにドラマを見ているよ。
クレム: オープンに見ているんじゃない。
ケイト: あのクレイジーなお父さんに「Lの世界」を見ているなんて言わないでしょ。でも、出てくれたら素晴らしいよね。

(2:18)
クレム: ???
ケイト: ???

(2:42)
クレム: もし次のシーズンを好きなようにアレンジできるとしたら、シェーンのことどうする?

ケイト: シェーンにはカルメンを追い求めて、ヨリを戻そうとしてもらいたいね。二人の関係に、何かしらのハッキリとした結末が欲しい。契約のこと考えると無理な話なんだけど、サラ(カルメン)とは2シーズン続いた関係だったし。

(3:35)
ケイト: 最も母親っぽいのは誰?

クレム: それって不公平な質問よ。自分の母だって言わなくちゃならないでしょ。言うなら、パム(パム・グリア)かしら。友達の娘だから大事にしなくちゃって言ってくれたわ。

(4:05)
ケイト: 誰が一番ワークアウトに執着してる?

クレメンタイン: ミス・マラソン・ミアかなぁ。それから、ミス・プロフェッショナル・トライアスロン・ジェニファーもいる。 あなただって助けなしでボールの上に立てるじゃない。
ケイト: でもわたしはワークアウトに執着してないよ。一番は、ジェニファーだと思うけど。

(4:30)
ケイト: 誰が一番髪の毛に執着してる?

クレム: それは100%あなたに決まってるわ。いつもカメラの前でチェックしているでしょ。今晩もそのカメラの前でしてたじゃない。
ケイト: わたしの髪の毛って問題なのよ。手に負えなくて。

(4:53)
クレム: 演じるキャラクターと本人が一番かけ離れているのは誰?

ケイト: ローズじゃないかな。誰でも難しさってあると思うんだけど、一番本人とキャラクターがかけ離れているのってローズだと思う。ねぇローズ、ターシャとは全然違うでしょ。もちろん、ローズも強くて、はっきりしているけど。

(5:20)
クレム: ジャンクフード中毒なのは誰?

ケイト: ローズは好きだよ。
ローズ: 私のBear Claw(有名な菓子パン)のこと、ほっといてよ。はじっこをちょこっと食べただけじゃない。
ケイト: でも実際のところ、ジャンクフード好きはいないよ。
ケイト&クレム: 終わりー。

< previous  1  2

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 境界を生きる 性と生のはざまで

    わたしは男?それとも女?「性分化疾患」と「性同一性障害」。

    性同一性障害―性転換の朝 (あした)
    吉永 みち子 (著)

    性の分かれ道に立ちつくす、すべての人びとに贈る性転換医療最前線からの希望に満ちた迫真のレポート。

    あなたが「僕」を知ったとき
    性同一性障害、知られざる治療の真実
    前田 健裕 (著)

    50センチ以上もの長い傷痕と引き換えに手に入れた男体。この地を這うような4年間で何が起きたのかを話そうと思う…僕が伝えたい真実を。