Lの世界の世界 - The L Word

The L Word

~ 「Lの世界」 の世界 ~

S1-Ep12 Locked Up「彼女たちの監獄」

企画展のアートワークが美術館内に運ばれようとする日、反対派のデモが美術館を取り囲む。出来る限り仲間を呼んで人盾で搬入路を確保しようとするが、デモ隊とベットたちはもみ合いになって暴動化し、ついには警察沙汰となり当事者たちは留置所に拘留される。留置所でキャンダスと同じ独房に入れられたベットは、彼女への気持ちを抑えようと葛藤する。マリーナはフランチェスカとの別れを心に決めたが、プラネットの経営は続けていきたかった。しかしプラネットを買い取るにはとてつもない資金が必要で途方にくれている。ジェニーは、ダイナ・ショア・ウィークエンドで出会った女性ロビンとデートの約束をするが、それを知ったマリーナはそのロビンにアプローチをし始める。シェリーとの不倫関係を続けているシェーンは、シェリーのひとり娘クレアからもアプローチされ困惑する。キットは男装レズビアン、アイバンと急接近。

Lの世界 シーズン1 エピソード12 Lの世界 シーズン1 エピソード12
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 近代日本における女同士の親密な関係
    赤枝 香奈子 (著)

    女性ならではの望ましい関係から、異性愛の前段階、さらには異性愛の代償へと変化した同性間の親密な関係を、その変化の過程を追いながら、変容を明らかにする。

    深爪
    中山 可穂 (著)

    翻訳家のなつめは、人妻・吹雪と激しい恋に落ちる。吹雪の家で逢瀬を重ね、子供の昼寝の間に快楽をむさぼる日々。夫・妻・妻の愛人(女)の三角関係がつむぎだす運命の螺旋。

    ジゴロ
    中山 可穂 (著)

    女同士の狂おしい官能と愛。ストリート・ミュージシャン、カイをめぐる、女同士の激しく狂おしい官能と愛を鮮烈に描く連作短編集。