Lの世界の世界 - The L Word

The L Word

~ 「Lの世界」 の世界 ~

S4-Ep12 Long Time Coming「彼女たちのメッセージ」

ターシャのイラク行きを聞いてからというもの、アリスは素直になれなかった。ヘレナは相変わらずキャサリンにこき使われ、仲間たちは心配を募らす。シェーンとペイジは二人の関係をジャレッドに話すが受け入れてもらえず、しかしシェーンは一緒に暮らすつもりで家を探し始める。フィリスは離婚のことで敏腕弁護士ジョイスと会うが、二人はすぐに惹かれあい付き合い始める。マックスは目の前に迫った性転換手術を受けるのかどうか最終決断を下せないでいた。ベットは、ニューヨークへ去ってしまったジョディとヨリを戻すキッカケに、彼女が以前作品に使いたがっていた看板をプレゼントしようと決め、アリスとシェーンの助けを借りてその看板を盗みに行く。ターシャの壮行会がビーチハウスで行われた。脚本の仕事をクビになったジェニーは、1人ボートに乗り海へ。そしてヘレナは、キャサリンの言動に我慢できなくなり、彼女の金庫から札束を持ち逃げする。来るはずのなかったアリスは、幻のデイナに説得され遅れてやってきて、ビーチでターシャと夜を明かす。一方、ベットは手に入れた看板を持ってジョディに会いにニューヨークまで飛び立った。

Lの世界 シーズン4 エピソード12 Lの世界 シーズン4 エピソード12
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 近代日本における女同士の親密な関係
    赤枝 香奈子 (著)

    女性ならではの望ましい関係から、異性愛の前段階、さらには異性愛の代償へと変化した同性間の親密な関係を、その変化の過程を追いながら、変容を明らかにする。

    深爪
    中山 可穂 (著)

    翻訳家のなつめは、人妻・吹雪と激しい恋に落ちる。吹雪の家で逢瀬を重ね、子供の昼寝の間に快楽をむさぼる日々。夫・妻・妻の愛人(女)の三角関係がつむぎだす運命の螺旋。

    ジゴロ
    中山 可穂 (著)

    女同士の狂おしい官能と愛。ストリート・ミュージシャン、カイをめぐる、女同士の激しく狂おしい官能と愛を鮮烈に描く連作短編集。